宝くじはいつから始まった?

宝くじは世界中で人気がありますね。ただの遊びだという人もいますが、本気で一攫千金を狙っている人もいます。ところでこの宝くじはいつから始まったんでしょうか?

最初に宝くじが登場したのは古代ローマの時代です。ローマのお祭りの時に皇帝ネロなどが、当せん者に賞として奴隷や土地を与えていたそうです。この時は現金ではなかったんですね。

金持ち

その後、最初に現金が賞として与えたれたのは、記録に残っているものとしては1530年にイタリアのフィレンツェで売り出された宝くじです。それから宝くじはヨーロッパで人気になってその後、アメリカでも行われるようになりました。収益はジェームズタウンや大陸会議軍の財政の一部、ハーバード大学やコロンビア大学など名門校の建設資金の一部に使われたそうです。

日本では、江戸時代初期に富くじが初めて行われてその時の賞は福運のお守りだったそうです。当時の人たちにとってはとてもありがたいものだったのでしょうね。現在では日本の宝くじの年間販売実績が9,000億円を超えていて、たくさんの人が、1等当選確率1000万分の1といわれるはかない夢を追っています。

宝くじで大当たりした人の人生を描いた映画を昔見たことを思い出し、もう1回見たくなり動画配信サービスで見れるかな〜と探してみました。動画配信サービスってすごい数があるんですね。その中でもHuluの評判が良かったので、とりあえずHuluの無料体験に申し込んでみようと思います。

宝くじについて